既卒の就職に関して。

今回、大学を卒業した方の就職活動について記事にしました。ぜひ、こちらの記事が皆様の目にとまると嬉しいです。最近は、数年前の氷河期に比べて大分景気が良くなりつつありますよね。そのため、企業側も積極的に採用をするようになりました。ですので、この機会を逃さぬよう積極的に自ら行動しない手はありませんよね。少しでも気になる方は、前向きに検討されてみてはいかがでしょうか。インターネットサイトにも既卒採用を行っている企業がたくさんありますよ。ぜひ、この機会にお仕事を始めてみてはいかがでしょうか。既卒でも、バンバン雇ってくれる企業は意外とたくさんあるので、自分に合うところを探してみるのもとても楽しいと思います。まずは、インターネットのサイトに登録して、就職に向けて活動をしてみるのがよろしいのではないでしょうか。

既卒者の就職活動、どうすれば?

学校や友人、OB・OGから生の声で情報交換出来たり、同学年横並びで一斉に行われる新卒の就職活動に比べて、既卒での就職活動は人それぞれ経歴や条件も異なり、どのように進めていけばよいのか悩むところです。まず、職務経歴が全く無い、若しくは短期間である方の場合は、地域のハローワークへ相談に行くと良いでしょう。多くのハローワークで若年者や就職歴の無い求職者向けの専用窓口が設置されていますので、そちらで悩みを相談したり、自分に合ったサポートを受けて企業への応募に繋げていきましょう。ある程度の職歴があり、社会人としてのキャリアを積んでいくことが目標の場合は民間企業が運営する転職サイトに登録し積極的に情報収集を行いましょう。専任のエージェントやキャリアカウンセラーによる選考対策や非公開求人の紹介サービスを行っているところも多数ありますので、是非登録して活用してください。職務経歴に自信が無かったり、異業種への転換といった場合にも有力なアドバイスや求人の紹介等を受けることが出来ます。

既卒は就職に不利になるのか?

求人を見ていると新卒の求人はたくさんあります。しかし既卒になってしまうと就職は不利になるのでしょうか?既卒とは大学を卒業したにも関わらず仕事が見つからず就職活動を続けている状態の事です。つまり社会人経験はゼロでありながら新卒ではないため新卒の求人には応募出来ずに経験者と同じ土俵に立ち中途採用枠で応募しなければいけないのです。それに加えて大学時代に一社も内定をもらえなかったというレッテルまでついてしまうのです。そう考えるととても不利だと思いますよね。しかしその救済策として第二新卒を求人している会社もあります。第二新卒とは既卒の人の事です。大学時代に就職活動に失敗してしまったけれど一度の失敗でフリーター、ニート、派遣などの非正社員になってしまうとその後正社員として働く事が難しくなってしまうので、内定辞退や新卒者の退職などの穴埋めに既卒を採用する会社も徐々に増えてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*